初めての矯正も安心!所沢市内の矯正歯科専門ガイド » 矯正治療で知っておきたい基礎知識 » 治療期間

治療期間

矯正歯科の「期間」について

矯正治療は、どのような方法であれ徐々に歯の並び方を変えていくものです。 一瞬で変えるのではなく、ブラケット等で歯に力を与え、歯の向きを時間をかけて変えていく治療になりますので、短期間ではなく、長期的な視点も大切です。

長期間通うメリットは?

一日だけで済むのであれば誰もがその場だけ歯を食いしばって…と思うものですが、歯科医院での治療はどれも基本的に長期間の治療が求められます。 その中でも矯正治療は治療の方法的にどうしても時間がかかってしまうものですが、長期間通うことで歯をしっかりと矯正できます。

歯の矯正は、いわば「歯に癖を付ける」と考えると分かりやすいでしょう。 癖を付けて徐々に歯並びを変えていくものなので、短期間での矯正では中途半端になってしまったり、あるいはせっかく矯正治療を行ったものの、その後のケア次第では元通りになってしまった…といったことも考えられます。しっかり長期的に時間をかけることで、理想的な歯並びへと変化するのです。

矯正治療以外のこともチェックできる

矯正治療がメインではあっても、歯科医に長く通うことで常に歯科医に口の中を見てもらえることになります。そのため矯正以外の歯のチェックもしてもらうことが可能です。 歯石のように時間の経過でどうしても蓄積されてしまうものもあれば、虫歯のように自覚症状がない状態で進んでしまっているものもあります。

近年は「治療」ではなく「予防」という概念が進んでおり、例えば虫歯になってから治療するのではなく、予めならないように予防するとの考えが浸透しています。 長期間に渡っての通院は不安もあるかもしれませんが、矯正治療を含めて口の中の「健康」に関してもチェックをしてもらうことが可能です。

一般的な通う期間の目安

一般的にブラケットによる矯正治療はおよそ2~3年かかるとされています。 決して「短い」とは言えませんが、確実性を考えるとこのくらいの期間で「万全を」と考えるべきでしょう。 特に矯正治療は中途半端に終わらせることが一番のリスクです。

時間はかかりますが、時間をかけてでも「完治」させなければ、かえって歯並びがおかしなものになってしまう可能性もあります。時間をかけてゆっくり治していきましょう。

所沢市内のおすすめ歯科矯正クリニック4選