初めての矯正も安心!所沢市内の矯正歯科専門ガイド » 矯正治療で知っておきたい基礎知識 » 成人の矯正治療

成人の矯正治療

成人での矯正治療について

一般的に矯正治療は「子供のうちに」と言われています。 その理由として成人と違い、子供はまだまだ成長期ですので矯正治療の負担が身体的に軽減される点にあります。

成長+矯正で、体への負担を軽減しながら理想の歯並びを手に入れることができるため、子供の間に矯正治療を行う方が良いとは言われているものの、矯正治療は決して成人になってからでも遅くはありません

また昔に比べて矯正装置の種類も増え、矯正期間も短縮されるようになったため、成人でも身体への負担は少なくなってきました。 年齢問わず「矯正治療を始めたい」と思ったときに行うことをおすすめします。

子供と成人の矯正の違いについて

成人での矯正の場合、すでに成長期が終わっているため、矯正治療の方向性が明確になりやすい点はメリットになります。

成長期での矯正は子供の成長に合わせて行える一方で、歯の生え変わりなども起こるため思ったように矯正治療ができない場合もあります。そのため、予期していない成長となった場合、矯正治療そのものを見直さなければならないケースもあります。

成人の場合、すでに成長という概念がありませんので、矯正治療だけで歯の動きを考えればよいのです。子供と違いまだ成長途中な状態でペースが乱れることもなく治療できるのは、成人の矯正治療の大きなメリットといえるでしょう。

矯正治療を理解しているからこそ

子供の場合、矯正治療の意味をよく理解しておらず、親が子供のためを思って矯正治療を受けさせるケースが一般的です。 そのため、子供とすれば「嫌なこと」「負担でしかないこと」との思いから、矯正治療に対してストレスを感じてしまうことも珍しくありません。

また、子供はまだまだ自由奔放です。 矯正治療を行っている中で、何らかのトラブルで口の中を怪我してしまう…といった可能性もありますが、成人であればさすがにそういった心配もありません。 成人での矯正治療を受ける場合は「なぜ矯正治療を受ける必要があるのか」を十分に理解して治療を受けることで、治療中のストレスも軽減できることでしょう。

所沢市内のおすすめ歯科矯正クリニック4選